タグ:JIS試験結果のニュース一覧

日本財団が、JIS X 8341-3:2016に基づく試験結果を追加公開

日本財団が、JIS X 8341-3:2016「附属書 JB(参考)試験方法」に基づいた試験の結果を公開。2016年7月に実施した試験で、同財団Webサイトのニュースカテゴリ配下のウェブページ(954ページ)がウェブページ一式単位で「JIS X 8341-3:2016」のレベル AAに準拠していることを確認したとしている。

日本財団のWebサイトでは、今年6月にも主要なウェブページ(882ページ)を対象にした試験結果を公開しており、今回さらに対象範囲を拡大したことになる。


2016年08月01日


ヤフー株式会社が、試験結果を公開してウェブアクセシビリティ方針を更新

ヤフー株式会社が、同社コーポレイトサイトの試験結果を公開し、さらに「ウェブアクセシビリティ方針」を更新しました。

試験は昨年9月に「JIS X 8341-3:2010」に基づいて、コーポレイトサイトの主要な48ページを対象に実施。その結果、全てのウェブページが「JIS X 8341-3:2010 等級 Aに一部準拠」していることを確認したとしています。

その試験結果と今年3月に公示された「JIS X 8341-3:2016」をふまえて、コーポレイトサイトの「ウェブアクセシビリティ方針」も更新。今後は、「JIS X 8341-3:2016」のレベル Aに準拠することを目指していくとのことです。


2016年08月01日


ヤマハ株式会社が、ウェブアクセシビリティ方針と試験結果を公開

ヤマハ株式会社が、ウェブアクセシビリティ方針と試験結果を公開しています。その方針によると、対象範囲は「グローバルサイト全体」、そして目標とする適合レベルおよび対応度は「JIS X8341-3:2016 の適合レベルAAに一部準拠」となっています。また、今回公開された試験結果によると、試験はヤマハ株式会社グローバルサイト全体を対象範囲として2016年5月1日~7月11日に実施し、『JIS X 8341-3:2016』のレベルAAに一部準拠していることを確認したとしています。


2016年07月14日