タグ:W3Cのニュース一覧

「Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA) 1.1 」などが新たにW3C勧告に

2017年12月14日(木曜日)、W3Cが「Accessible Rich Internet Applications (WAI-ARIA) 1.1 」などがW3C勧告になったことを発表した。「WAI-ARIA」は、アプリケーション系のUIについてスクリーンリーダーやキーボード操作に対応するための属性などを定義する仕様である。

今回は、「WAI-ARIA 1.1」に加えて、アクセシビリティAPIやDPUB関連の仕様があわせてW3C勧告になっているほか、関連文書がワーキンググループノートとして公開されている。


2017年12月14日


W3C / WAIが「WCAG 2.1」ワーキングドラフトを更新(2017年12月7日)

2017年12月7日、‪W3CのWAIが「WCAG 2.1」ラストコール・ワーキングドラフトを公開‬。‪意見受付は、2018年1月12日まで。意見受付は今回が最後となり、2018年1月中には勧告候補への昇格を予定している。‬

W3Cでは、「WCAG 2.1」を2018年6月にW3C勧告にすることを目指しており、「WCAG 2.0」では十分に網羅できなかった、モバイル技術、ロービジョン、認知・学習障害を主眼とした新しい達成基準の候補が提案されている。


2017年12月07日


W3C/WAIが動画「Introduction to Web Accessibility and W3C Standards」を公開

2017年12月4日(月曜日)、W3CのWAIが動画「Introduction to Web Accessibility and W3C Standards」を公開した。約4分間のショートムービーで、アクセシビリティの考えかたやW3Cが策定している各種ガイドラインなどについて、コンパクトに紹介している。

動画には、多言語でキャプションが提供されており、日本語も選択することができる。


2017年12月04日


ウェブアクセシビリティ基盤委員会が「How to Meet WCAG 2.0」日本語訳を公開

ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)が「How to Meet WCAG 2.0」の日本語版を公開。これはW3Cが提供している「WCAG 2.0」関連文書の一つで、いろいろな切り口から必要な情報だけを抽出できる便利なクイックリファレンス。


2017年10月11日


【10/10 東京】「WCAG もくもく会 #3」を開催

2017年10月10日(火曜日)、「WCAG もくもく会」の3回目が渋谷で開催される。W3Cのガイドラオイン「WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)」を読み込むスタイルの勉強会(もくもく会)で、参加無料、要事前申込。第3回目となる今回は、「WCAG2.1」のワーキングドラフトで提案されている新しい達成基準候補をテーマにしている。


2017年09月14日


W3C / WAIが「WCAG 2.1」ワーキングドラフトを更新(2017年9月12日)

2017年9月12日、W3C / WAIが「WCAG 2.1」のワーキングドラフトを更新しました。今回の更新によって、新しい達成基準候補の追加は最後となります。ワーキンググループによって新しい達成基準候補として承認された達成基準については、グリーンの枠で囲まれていて、”[New]”というラベルが付いています。

W3Cでは、「WCAG 2.1」を2018年6月にW3C勧告にすることを目指しています。今年12月には勧告候補にするため、ワーキンググループでは10月10日までこのドラフトへのコメントを広く募集しています。


2017年09月13日


W3C / WAIが「WCAG 2.1」ワーキングドラフトを更新(2017年8月16日)

2017年8月16日、W3C / WAIが「WCAG 2.1」のワーキングドラフトを更新しました。この時点で、ワーキンググループによって新しい達成基準候補として承認された達成基準については、”[New]”というラベルが付いています。

今回、新たに追加された達成基準は、以下の4つ。

  • 1.3.4 Contextual Information[レベル AAA]
  • 1.4.14 Content on Hover or Focus[レベル AA]
  • 2.5.1 Target Size[レベル AA]
  • 2.5.2 Target Size (no exceptions)[レベル AAA]

W3Cでは、「WCAG 2.1」を2018年6月にW3C勧告にすることを目指しています。


2017年08月17日


W3C / WAIが「WCAG 2.1」ワーキングドラフトを更新(2017年7月28日)

2017年7月28日、W3C / WAIが「WCAG 2.1」のワーキングドラフトを更新しました。この時点で、ワーキンググループによって新しい達成基準候補として承認された達成基準については、”[New]”というラベルが付いています。

今回は、新たに「Accessible Name」と「Adapting Text」の達成基準が追加されたほか、適合要件の2番目に注記(Note)が追加されました。予定では、新しい達成基準候補の追加は来月の更新版で終了となり、2018年6月でのW3C勧告化を目指すことになっています。


2017年07月29日


W3C / WAIが「WCAG 2.1」ワーキングドラフトを更新(2017年6月30日)

2017年6月30日、W3C / WAIが「WCAG 2.1」のワーキングドラフトを更新しました。この時点で、ワーキンググループによって新しい達成基準候補として承認された達成基準については、”[New]”というラベルが付いています。


2017年07月01日