ニュース

ヤフー株式会社が、試験結果を公開してウェブアクセシビリティ方針を更新

ヤフー株式会社が、同社コーポレイトサイトの試験結果を公開し、さらに「ウェブアクセシビリティ方針」を更新しました。

試験は昨年9月に「JIS X 8341-3:2010」に基づいて、コーポレイトサイトの主要な48ページを対象に実施。その結果、全てのウェブページが「JIS X 8341-3:2010 等級 Aに一部準拠」していることを確認したとしています。

その試験結果と今年3月に公示された「JIS X 8341-3:2016」をふまえて、コーポレイトサイトの「ウェブアクセシビリティ方針」も更新。今後は、「JIS X 8341-3:2016」のレベル Aに準拠することを目指していくとのことです。



総務省が「平成27年通信利用動向調査の結果」を公表

総務省が「平成27年通信利用動向調査」の結果を公表しました。この調査は毎年実施されており、年代別のインターネット利用率や利用端末の比率などをはじめ、世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況に関するデータを提供しています。

今回公表されたのは、2016年1月~2月に実施した調査結果で、主なポイントは以下の通りです。

  • 13~59歳のインターネット利用は9割を上回る。
  • 60~79歳のインターネット利用は上昇傾向。
  • スマートフォンでの利用が全ての世代において上昇。
  • 40歳代では初めてスマートフォンの利用がパソコンの利用を上回る。
  • タブレット型端末での利用も、全ての世代で上昇。

調査結果の詳細は、総務省の情報通信統計データベースに掲載され、データは機械判読に適したデータ形式(CSV形式)により公開される予定とのこと。


2016年07月22日


W3C WCAGワーキンググループが「Understanding WCAG 2.0」と「Techniques for WCAG 2.0」の改訂版ドラフトを公開

W3CのWCAGワーキンググループが、「Techniques for WCAG 2.0」と「Understanding WCAG 2.0」の次回アップデートに向けて、Editors’ Draftの公開レビューを開始。何か意見がある場合は、8/9(火)までコメントを受け付けるとのこと。WCAGワーキンググループでは、この2つの文書を年2回のペースで更新しており、前回は2016年3月に更新している。


タグ: / /

2016年07月20日


ヤマハ株式会社が、ウェブアクセシビリティ方針と試験結果を公開

ヤマハ株式会社が、ウェブアクセシビリティ方針と試験結果を公開しています。その方針によると、対象範囲は「グローバルサイト全体」、そして目標とする適合レベルおよび対応度は「JIS X8341-3:2016 の適合レベルAAに一部準拠」となっています。また、今回公開された試験結果によると、試験はヤマハ株式会社グローバルサイト全体を対象範囲として2016年5月1日~7月11日に実施し、『JIS X 8341-3:2016』のレベルAAに一部準拠していることを確認したとしています。



総務省が「地方公共団体等におけるホームページのバリアフリー化に関する講習会」を全国11か所で開催

総務省が、国、地方公共団体、独立行政法人の公的機関のホームページ担当職員を対象にした無料講習会を全国11か所で開催。「みんなの公共サイト運用ガイドライン」、「みんなのアクセシビリティ評価ツール(miChecker)」をはじめ、公的機関Webサイトに求められているアクセシビリティ確保について解説する。

2016年の9月~11月にかけて、札幌、仙台、東京、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、博多、那覇の全国11か所で開催される。


2016年07月11日


三菱電機グループが、レベルAA準拠を目指す「ウェブアクセシビリティ方針」を公開。

三菱電機グループがウェブサイトにおけるアクセシビリティ方針を公開。三菱電機グループのウェブサイトではWCAG 2.0 (=ISO/ICE 40500:2012) のレベルAA、そして三菱電機株式会社のウェブサイトではJIS X 8341-3:2016のレベルAAへの準拠を目標としている。三菱電機株式会社のウェブサイトでは、試験結果も公開している。



総務省が「障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ」を更新

7月1日、総務省が「視覚障害者(全盲・弱視)のウェブページ利用方法紹介ビデオ」を更新。総務省では、2005年度に視覚障害者(全盲・弱視)、肢体不自由者の方がWebページを利用する様子を紹介したビデオを制作し公開していた。そのうち、視覚障害者(全盲・弱視)のビデオを約11年ぶりに更新した。


2016年07月01日


E*TRADEが、「Accessibility at E*TRADE」を公開。

アメリカに本拠を置く金融機関で、オンラインでの証券取引仲介業を主な業務とする E*TRADE が、アクセシビリティのページを公開。WebサイトをWCAG 2.0 のレベルAAに準拠させ、アプリケーションも可能なかぎり対応していくことを表明。


2016年06月23日


【7/15(金)東京】シックスアパートが「MovableType.net ハンズオンセミナー アクセシビリティを考慮した新テーマのカスタマイズを体験!」を開催

2016年7月15日(金)、シックスアパートが「MovableType.net ハンズオンセミナー」を開催。近日公開予定のアクセシビリティに考慮したベーステーマを使って、ハンズオン形式で簡単なカスタマイズを体験できる。参加費は無料。定員8名。会場は関東ITソフトウェア健保会館(東京都新宿区百人町)。


2016年06月22日